妊婦さんでも可能なのはサブウェイダイエット?

妊婦さんでも可能なのはサブウェイダイエット?

妊婦さんでも可能なのはサブウェイダイエット?

サブウェイダイエットの利点は自分が好きなモノを選択できる&味が美味しい!しかも自然と野菜を取ることができる。
特に子供が野菜を簡単に取れるのがさらに良いところと言えるかもしれないな。

 

盛れる ブラ

 

妊娠中の人でも美味しくいただけるからなー。

 

サブウェイを使ったダイエットもこうした利点からは考えるかな。

 

 

親しい人への妊娠報告はいつするべき?

 

親しい人なら、早めに妊娠報告をしたいものですが、実際いつ報告するかはちょっと工夫を凝らしたら楽しく驚かすことができそうです。そこで、妊娠報告はいつするかについて、ちょっと触れておきましょう!

 

<パートナーにはいつ報告する?>
旦那さんへの報告は、妊娠検査薬で反応が出たらとりあえず報告したいですよね。「確定ではないけれど…」ということで。正常妊娠じゃないかもしれないこと、これから病院で確認することを告げましょう。万が一を考えてパパさんに初期の時点で教えるのはちょっと心配、という方は、産婦人科で心拍が確認できるまでのお楽しみにしても良いかもしれません。妊娠初期は、流産する可能性が2割弱ありますからね。一般的に、心拍が確認できるのは妊娠6週以降だそうなので、あんまり焦らなくても大丈夫。

 


○妊娠検査薬で陽性反応が出たら
産婦人科へは二人で行くと、パートナーの方もちょっと感動したり、「とうとう自分も父親になるのか」と感じるかも。

 

○実家への報告は?
検査薬で反応が出て、とにかく両親に伝えたいというときは、「赤ちゃんできたかもしれないよ!」というメッセージと、妊娠反応が出た妊娠検査薬の写真を付けて送ったら、喜びそうですよね。ただ、旦那さんの両親へは、安定期に入るまで教えなくても良いかも?よく会う関係なら、自分の両親と同じように告げるのもアリですけれどね!

 

○友達への報告は?
会社の友達には、上司の指示を待ってから、会社以外の学生時代からのお友達であれば、すぐに報告するのもOKでしょう。「検査薬で反応が出たから、妊娠したカモ?!病院行って検査してくるね〜」くらいのさらっとした報告でよいかと思います。

 

妊娠すると耳にするようになる、「戌の日」。
これは、何もペットをかわいがる日などではないんです(笑)。
戌の日は、妊娠5か月になった妊婦さんに、腹帯をすることで安産祈願ができる、という日本独特のものです。 もちろん、他の国にはありません。

 

○戌の日に腹帯巻くとなぜ安産なの?
犬の出産は軽いということで、安産のための守り神として、昔から犬にあやかりたいと思う女性たちが安産祈願をするようになったため、戌の日に腹帯を巻くと安産になるといわれているようです。

 

○戌の日の安産祈願について
戌の日の安産祈願では、安産祈願のできる神社やお寺を探して、初穂(5000円から10000円程度)料を納めて祈祷を受けます。そのあと、安産のためのお守りや、お札をもらうことができ、また腹帯も一緒にお祓いしてもらえたり、神社で購入することができます。

 

○安産祈願は変わりがきく?
安産祈願は、例えば自分は安静となってしまっていけない人は、家族の方などに代わりに行ってもらうことができます。便利ですね!入院などをしているお友達がいれば、送ってあげたら喜ばれるかも。

 

○お札やお守りはお礼参りで返す
安産祈願でいただいたお守りやお札は、神棚か、家族の集まる部屋の目線より高い位置に祀り、できればお札の文字を東か南に向けるのがよいそうです。出産後は、お礼参りで返します。

 

 

 

母親学級っていったい何?

 

母親学級。 聞いたことはあるし、この間妊娠検査をしに産婦人科に行ったとき、ポスター見かけた気がする… でも、母親学級ってみんな参加するの?何を教わるの??なんて思われている方も多いのでは。そこでここでは、母親学級についてご紹介しています。
気になっている方は、ぜひ参考にされてみてください。

 

○母親学級って何のためにあるの?
初めて赤ちゃんを授かった方は、妊娠の流れ、出産について、新生児のケアなどよくわからないことばかりですよね。そんな方のために、妊娠中のこと、出産時のこと、赤ちゃんのお世話の方法など妊娠出産で知っておきたい基本的なことを教えてもらえます。強制参加ではないものの、同じ時期に妊娠した人たちと友達になっておくと、心強いかも?産婦人科や病院が開いているものなど、いろいろあるので病院や市役所、区役所などに問い合わせてみましょう。

 

○両親学級はパパのため?
両親学級は両親揃って参加できるように、土日に開催されていることが多く、基本的には母親学級と似たようなものです。立ち合い出産を希望されているパパさんには、必須です。

 

○母親学級では何が学べるの?
妊娠中の体の変化や体調管理、安産体操、出産時の呼吸法、新生児のお世話などをメインで教えてもらえます。1回2時間程度で、数回通うことになるのが一般的です。医師や助産師のほか、栄養士や保健師などが来てくれるので、不安解消にもおすすめ。

 

助産院ってどんなところ?

 

 

出産で助産院を希望する方も、かなり増えています。助産院というのは、助産師さんが入院や分娩を担当しているところで、昔ながらの分娩がしたい方に好まれている傾向があります。

 

○助産院で出産するメリットとは?
助産院で出産するメリットは、助産師さんからアットホームな環境の中、出産に対する心構えや、不安、赤ちゃんのことについてなど、いろいろアドバイスやサポートをしてもらえることでしょう。安心してお任せできるため、お母さんと一緒に出産に挑むような気がしてしまうかも?!食事もおいしかったり、アメニティが充実しているなど、それぞれの助産院で特徴を打ち出していたりするので、助産院で出産を希望されるのであれば、いくつかの助産院を見学させてもらいましょう。

 

○助産院で出産するデメリットとは?
お医者さんがいないので、医療行為、つまり手術などができないということです。出産中に何かがあったら、救急車で搬送されます。大きな病院と提携している場合がほとんどですが、決める前に確認しましょう!また、自分はリスクのある妊婦かも、と思ったら、総合病院に潔くお願いしちゃうのがお勧めです。出産は命がけですからね!

 

 

結局サブウェイのダイエットは誰でもやり方を変えれば実践できるかな!

 

 

 

もちろん子供でも大人でも好きな味だから特に年齢宣言も性別も関係ない。

ホーム RSS購読 サイトマップ